相続放棄の期限の延長

1 相続放棄の期限

 相続放棄の期限は,自己が相続人となったことを知ってから3か月です。
 通常は,被相続人が亡くなったことを知った日が「自己が相続人となったことを知った日」となります。
 例外として,先順位の相続人が相続放棄をしたことで,相続人となるケースでは,先順位の相続人が相続放棄をしたことを知った日が,「自己が相続人となったことを知った日」です。

2 相続放棄するか否かの判断資料の収集

 亡くなった方に明らかに財産が無いとか,多くの借金がある場合は,相続放棄をするという決断はしやすいと思います。
 しかしながら,多少なりとも財産はあるのだけども,借金の方が多い可能性がある等,判断に迷うケースもあります。
 これらのケースでは,まず財産調査を先行して行う必要があります。
 金融機関等に対して財産があるかどうかは,亡くなった方の一連の戸籍を持っていき,自らが相続人であることを示せば,口座照会を行えますし,金融機関等に対して借金があるかどうかは,信用情報を調査することで概要を把握することができます。
 信用情報は,銀行系はKSC(全国銀行個人信用情報センター),クレジットカードはCIC(株式会社シー・アイ・シー,消費者金融はJICC(株式会社日本信用情報機構)で調査することができます。

3 相続放棄するか否かの判断が3か月以内にできない時

 調査に時間がかかる等の事情により,相続放棄するか否かの判断が3か月以内にできない場合には,3か月以内に,相続を承認するか放棄するかの判断期間の延長を裁判所に申請することができます。
 必要書類は相続放棄と同様,戸籍等一式を揃える必要がありますので,延長手続自体にも必要書類があることに留意し,財産調査と並行して期間伸張の準備も進める必要があります。

所在地

〒171-0022
東京都豊島区
南池袋2-26-4
南池袋平成ビル6F
(東京弁護士会所属)

0120-41-2403

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

PageTop